風の時代の占星学の大いなる可能性

こんにちは!
玉井かずみです。

 

 

これまで
アロマ心理占星術を行ってきて至った、
私の思う
風の時代の占星学についてご紹介しますね。

 

 

意識変容→魂の進化のサポートツールとして
抜群だと思うのです!

意識変容と占星学 ② 自分が決めるだけで変わります

 

風の時代の占星学

伝統占星学と風の時代の占星学の相違点

 

 

伝統占星学が使われてきた時代背景

・縦の社会、ピラミッド社会

・支配者層とその他
・物質的豊かさを追い求める生き方

・今我慢して頑張って生きていくことによって死後に幸せな世界へ行くことが出来る(キリスト教の思想)

・我慢、努力、常識、同調、平均、保守 → 重い波動発生 → 忍耐、努力が必要な現実が目の前に現れる → この世はそれが当たり前であるという思考

 

新しい時代、風の時代

・丸い社会、横の社会

・精神的豊かさ、心の豊かさ、を大切にしながらありのままの自分で自己表現を満喫する生き方

・個を輝かせる
・魂は輪廻転生を繰り返していて、肉体を持ち感情を味わい、様々な経験を積みながら魂の進化へ向けて悠久の旅をしている

・自由、心のままに、直感を受け取り、流れに身を任せ、魂が満足できることを、思い切り楽しむ → 軽い波動 → 心躍るワクワク体験の日々

 

 

全ては波動エネルギーである
魂は輪廻転生している

 

 

風の時代の占星学では

転生の概念と、

惑星の影響(波動エネルギー)に対する、

その転生との関係性
に重点を置き、

 

過去を振り返りながら

自分のこれまでの経験には、

「実は、どのような魂の進化のための意図があったのか」

 

過去は現世での過去はもちろん、過去生にまでさかのぼる過去も含めます。

結局、過去生から今世へ続いています。

 

今自分の中にある葛藤の出所の多くは

 

今世にあるというよりは、過去生で発芽し、ずっと持ち続けてしまっているものもあるのだと感じています。

 

これまでの、

人によっては膨大な回数の過去生において

ずっとクリアしそこなっているのかな…

 

私には、こういうのありました…汗

 

 

占星学って、

地球で3次元の世界を体験中の私達が、
「魂の望んでいる進化を感じ、その方向へ向かっていく」
「波動を軽くしていく」

人間がそれを行いやすくする補助ツールだと感じます。

 

 

要するに、

出生図内の惑星の生み出す関係は、

魂の進化という大いなる計画の一部であり、

 

出生図はその計画が象徴的に記されている地図である→アカシックレコードのほんの一部

 

(ただし、これは古地図であるらしい…。

だからこそこの古地図をアップグレードさせてみたいと思いました。)

 

出生図にある記録とは、

過去のさまざまな精神的、

感情的な状況に、

 

いかにして人間が対応してきたのかを象徴するものであると、実感しました

(少なくとも私自身の出生図では、それらを確認しました→まさに! そうでした!)

 

それらは現在も継続的に進化を続けている関係として示されていますし、

一生を通してずっと継続していくのでしょうから、

この天体がこのサインだから、こうだ!
と断定することは出来ないし、

それをすると「枠」を作っちゃう!

 

枠でくくらず、自由にどこまでも私達は成長を続けることが出来ると思っています。

こう捉えていると、
なんだか自分の視野?意識?
がグーンって広がったんですよ。

 

これは
勉強会メンバーさん達も感じていると言っていたので、
出生図を介して会話を通して
視野、意識を広げていけるのだな~と
占星学の新たな使い方の可能性もまた
グーンと広がりました。

 

風の時代とは、魂の進化の道へ進みだす人々がぐっと増える時代なのだろうと感じます。

 

そこには自由意志が働きますので、

絶対にその道に行かねばならないわけではないです。

でも、行く人が増えるのだろうな。

魂が特定の人生において、

 

進化するのか、

その場にとどまるのか、

または退化するのかは、

 

その人が理想として抱いている事柄、

その理想に関して、

この3次元での経験を通して

精神的に、

または物質的な出来事に置いて、

 

どうふるまうのか…にかかってくるのだと思います。

 

 

 

 

3次元世界で魂が実現しようと決意した目的へ向かって、

 

今の自分が持っている欠点、間違った行いかた、

また、

能力やこれまでに磨いてきた美点を十分に活かせる場所に、

 

私達は身を置いているのだと感じています。

(どの両親を選んで、どの地域に、どの国に、どの時代に、どの外見で、など)

 

 

進化を実現しようと決意はしていると思いますが、

 

それを

今世でやりとげなきゃいけない、

というわけではないと思うので

安心してください。

 

その課程を全力で楽しむことが出来れば満足なのだと思います。

 

続きは来世も来来世でもできますものね!

(早いに越したことは無いでしょうが笑 早く地球でのレッスンをコンプリートして、地球ではない所へ行ければ尚、良し!ですよね!))

 

 

 

これまでの時代で使われてきた占星学の中では、

例えば

トランジット天体が出生図の軸や太陽や月に

強い影響を及ぼす時、

 

その天体のエネルギーの影響が高まるので○○のようなことが起きやすい、

と解釈されてきていますが、

 

人間全員一致しませんよね。

 

 

大きな影響を受ける人もいれば、

大した影響を受けない人もいます。

 

このようなことを考慮すると、

 

ある事象がみんな平等に影響するわけじゃないですよね。

 

個人差があります。

 

 

だとしたら

この個人差はどこから来るのだろう…?と興味が湧いてきました。

 

また、視点を変えてみて、

 

例えば冥王星のトランジットの影響、爆裂だった…。という人がいるとします。

 

いつも冥王星が何か絡むと、いろんなことが起こるんだよね…。という人もいるのではないかな?

 

その冥王星の影響を強く受けるということは、

冥王星の波動エネルギーに共鳴しているのだと思うのです。

何故、こんなに冥王星の波動に共鳴するんだ?

冥王星の持つ波動エネルギーと

自分の中にある「冥王星的波動の何か」が

共鳴するのだと思うのですよ。

 

そこには魂の意図が潜んでいると思っています。

 

「冥王星的波動の何か」が魂の進化に関わるのだと、感じます。

では、それは何?

 

 

過去、

冥王星が自分の出生図のポイント

(これも人によっていろいろなポイントがあると思います)

を通過した時に、

 

どんな経験をし、

どんな感情が湧き上がってきてた?

 

というようなことを、

過去へ過去へ検証しながら戻り、

 

自分をじっくり振り返る時間を持っていくと、

魂の進化の方向性が見えてくるのかもしれないなと思っています。

 

自分にとって特別影響が大きい惑星が、個人個人で違うと思います。

それを、探る!

 

私が私の出生図では検証しましたが、なにせ一一人分(汗)・・・。

 

 

こうなのかも…という可能性としては見えてきていますが、

それを私以外の方々の出生図でも、

検証したい!(ウズウズ…)

 

 

検証して、

過去を振り返ってもらって、

思ってもみなかった自分の進化の方向性が見えてくるかもしれなくて、

発見して、

自分探究も進んで、

魂の自分の意図を感じることに繋がるかもしれなくて、

新しいものも一緒に生みだせるかもしれない。

 

こういうことや、

もっとプログレスやアスペクトを使って、

 

これまでの伝統的占星術と違う視点で検証してみたいことが、

たくさんあります。

 

 

 

分析、検証、研究にとっても心惹かれるんです。

これも
ASC乙女座の階段を

1段上ることができたのだと感じています)

今までの私に強くあったのは、

 

整理整頓に囚われていたり、

周囲から正しい人に見られたい思われたい、

という方の乙女座でした。

それが、

 

分析して

洗練させたい!という

 

乙女座カラーが際立ってきました。

 

ASCは魂の個性だと思います。
そして太陽星座は魂そのものの放つエネルギー。

どうやら、魂のエネルギーと個性と、別々のようです。

それらが友好的な関係性の方もいれば、
そうでもない方もいます。

その組み合わせは
最初から調和がとれている場合もあれば、
後天的に身に付け、調和へ向かった人もいると思います。

 

 

だとしたら
そこにも、
自分の進化への道筋に対面するかもしれないと感じています。

 

出生図、そこら中に、魂の進化へのアレコレが溢れていますね笑

 

色々な視点から、(今までのものを視点を変える、新しいものを発見する、など)
進化への可能性の印を探り倒していきたいと思います!

 

 

 

出生図内アスペクトから現実世界に現れてくる出来事や。自分の持つ葛藤を掘り下げ、
この世は意識の投影であるということを感じていく勉強会です。
会話を通して自分のエネルギーを軽くしていきましょう!

Club PYXIS 勉強会のご案内

 

一緒に新しいものを発見する研究会の仲間を集っています!

魂の進化へ向けて、自分自身の探究へも繋がり
なおかつ今までと違う出生図の捉え方、使い方を発掘する会です。

アストロパラダイムシフト研究会のご案内