風の時代の占星学開拓へ①

 

 

久しぶりのブログ投稿です!

2年前から自分の内側と向き合うことをスタートさせたのですが、
ここのところ意識がグンと変わってきたな~と感じています。

それと共に、
自己イメージや
占星学に関する意識、モチベーションも激変し
内側で様々な破壊と再生を繰り返してる感じ…。

 

 

これから少しずつ、
私の中で起こってきた

自己イメージ
占星学に関する意識

などの様々な変容具合を
つらつらと書いていこうかなと思っています。

 

 

1つ先にお伝えしておくと、
私は今まで左脳優位の傾向が強かったのですが、

ここにきて右脳がパワーを盛り返してきました。(笑)

 

 

今はまだ、右脳と左脳の間がスムーズじゃないというか、
内に湧き上がってくることを上手く言語化することが
スムーズじゃないんですよね・・・(汗)

気分が乗った時に
感じたままに書いていくことがリハビリになると思うので、
そのスタンスで書きたいと思います。

 

 

 

まずは
トランジット的に私の今の状況を書いておきますね!
誰かの何かに役立つかもしれません。

出生図の軸、

ASC 乙女座23度
MC 双子座23度

2021年4月辺りからトランジット海王星が影響下に入ってきました。
(2023年3月辺りまで続きます)

これと同時にカイロンリターンも
2021年4月~2022年2月まで重なってきまして。

 

 

 

実際、
自分も
そのような行動を取っていることもあって
これはきっと癒しが進むな~と感じてもいます。

 

 

トランジットの天体がどうこうしてくれるのではなく、
私がその行動を取っていることが重要!

 

 

そこには私の意思・意図がありますよね。

 

 

このトランジットだから、こうなるよ~ではないんです。

 

 

自分がどう感じ、
どう意図するか。

が大切だということです。

 

これがもう、
今までの時代(地の時代)と
これからの時代(風の時代)の大きな違いだと思うんです。

 

 

私が内側を深く見ている際、
占星学というものそのものに対しても見つめなおしていました。

 

 

私にとっては、それは必要なことでした。

 

 

過去生でも占星学に携わっていたことを知っていたから。

 

その過去生は私に大きな後悔を残しました。
コントロール、権威主義、感性を排除した知性優位 その時代の常識に染まった潔癖さ

などなど。

 

 

その時代の生を閉じた後、
自分の生き方や行いを振り返り、とても後悔したと思うんです。

 

なので
その過去生の記憶も1つ選んで
今回、再挑戦にきたのでしょうね。

 

 

上記の後悔について、出生図に現れていました。
そのような見方をすると、

本当にきちんとその情報があるんです。

 

 

 

 

これが、風の時代の占星学の使い方の1つだと強く感じています。

 

これまで使われてきた占星学は
ドップリ地の時代の産物だと私は感じます。

 

だんだんと物質的豊かさを人間が求めるようになり、
権力者が保身のために操作し、宇宙の意図と違ってしまったのではないかと思うのです。

 

 

当初は人間が魂を進化させるためのヒントとなるツールの1つとして、
宇宙がプレゼントしてくれた愛あるツールだったのではないでしょうか。

 

 

私はこれから、
宇宙がプレゼントしてくれた愛あるツールとしての
占星学を発見していこうと思っています。

これは私のライフワークになるでしょう。

 

 

ここのところ
お風呂に入っていたり、占星学という共有知識を持っている仲間と会話している時などに
ふっと「こうじゃないかーーー???」ということが湧き上がってきます(笑)。

 

 

自分で自分が柔らかくなったな~~と変化にビックリ!

 

変容してくるにつれて占星学に抱いてきた違和感…。

宇宙の共通ルール
「すべては波動である」

もう1つ、
魂は輪廻転生しているということ。

これですよ~。

 

昔の時代の権力者たち、これ、知らなかったですよね!

 

でも今私達はこれを知っている(人が増えつつある)…

 

既存の占星学にはこの視点が抜けてますよね。

出生図にあるのは「今」の自分を表してはいますが、
その自分とは、
輪廻転生の視点までも加えた自分だと思います。

 

 

この3次元は、内側の投影です。

自分の周囲の人間関係
環境、遭遇する出来事、

全部、自分の持つ(そんな意識を自分が持っているなんて…ガーン…というもの、たくさんあります汗)
意識が投影されています。

 

だとすると、
どのような思い、思考パターン、観念が自分の中にあるのか。

 

また、過去生でのどのような上記のことが、後悔に繋がったのか。

そこ、進化させたーい!と思って、きてますよね?

過去生も今生も繋がっているので
過去生を思い出す必要は必ずしもなくて、
「今」の自分の周囲にあるものが、ソレです。

(もし思い出せれば、より一層確信できるのではとは思います。
これを誰かに見てもらうのは、その見てくれる人のフィルターを通ってしまうので、自分に見させてくれる方に出会えると良いですよね。)

それが魂の意図の中にあると思うのです。

 

 

という視点でもって、
占星学の新しい可能性を発見していこうと思うと
ワクワクがとまりません!

 

 

Club PYXIS4期のご案内

 

アストロパラダイムシフト研究会のご案内