太陽回帰図(ソーラーリターン図)の読み方③ 2021年

 

4月6日は私の誕生日。
今回は2021年の太陽回帰図(ソーラーリターン図)の備忘録を残します。

昨年もリターン図を読み、先日振り返ったら「なるほど~~、流れに逆わらず流れに身を任せてきたのだな~!!」と感じました。

来年の今頃、どのような1年を過ごしたかをこの備忘録と合わせて検証してみることが
今から楽しみです!

 

 

 

ソーラーリターン図とは
→ 2020年の私のソーラーリターン図

 

 

ポイント① ASCは1年のテーマ

活動宮  新たなスタート (牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)
固定宮  前年のテーマ引き続き (牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)
柔軟宮  前年のテーマの応用 (双子座・乙女座・射手座・魚座)

2021年は私のASCは「蠍座」なので固定宮。

再び前年のテーマ引き続きです。

 

2020年も獅子座(固定宮)だったので
まだまだ引き続き同じテーマが続いていくのかなと感じます。

 

私の前年ソーラーリターン図ではASCは獅子座でしたので
遊び心を持って楽しみながら冒険していこう!というようなテーマ。

このテーマを引き続き行いながら
2021年のASCサインの蠍座の「深い洞察」「探求」「変容」「深い体験」
へ向かうということではないかな。

ソーラーリターンASC(蠍座0度)の、
出生図におけるハウス位置も考慮して、
(私の出生図では蠍座0度は2ハウスにあります)

2ハウスの要素も加わってくるという感じで読んでみます。

2ハウスは

自分が所有するものへの関わり

所有・お金・仕事・自己価値・自尊心

ということだとすると
1年間のテーマは

「深い洞察」「探求」「変容」「深い体験」を通して
自分が自分への信頼を取り戻す

ことに繋がっていくのではないだろうかと感じます。

→ これについては思い当たる節があります。
私は私を信頼していない部分があると自覚しているんですよ。
なので、この部分が変容を始めるのかな?となんとなく感じます。

 

 

 

ポイント② MCはその年の到達地点、ASCのテーマの結果。

私のソーラーリターン図MCは獅子座なので
上記のASCのテーマ要素を「楽しみながら堂々と自己表現」していくということが202Ⅰ年の到達地点と読めます。

ソーラーリターンMC(獅子座4度)の、
出生図におけるハウス位置も考慮して、
(私の出生図では獅子座4度は11ハウスにあります)
11ハウスの要素の収穫があるかも…と読めます。

11ハウスは

今の自分を越える場

友人・仲間(希望、願望を達成させるための目的、方向を実現する方法としての)・グループ活動・人から受ける愛情・未来への展望…など。

ソーラーリターン図でMCにアスペクト(特にコンジャンクションが重要)
する天体は、
その年の目玉的要素になりえるでしょう。

私の場合はコンジャンクション(重なり)は無く、
他のアスペクトとしては(許容度5度とすると)
天王星がスクエア(90度)ですね。

革新、自由、個性、などが加わりそうですね!

実は昨年は天王星がコンジャンクションしていたので、
何かしら天王星の影響が引き続くのかなと思っています。

 

天王星のイメージは
古いもの(既存)を新しいものへ変革させる。

 

今までの「私」を新しい「私」へ変革させていくことが
続いていくのかなと思います!

昨年1年でけっこう変わったと自覚しているけれど、
更に更に変わっていくって、楽しみーーー!笑

 

水星もオーブ2.5度でトラインなので
コミュニケーションや伝達が到達点に達するのにアシストしてくれそうです。

 

これも今準備中のものがピッタリなのです!!

いやーーービックリ!!

実はこういうことを今準備していて今は日程調整しているところです。

・・・・・・・・・・・・・

参加者全員で相互コミュニケーションを行いながら

占星学の基礎知識も伝えられて

参加者皆様の意識が徐々に変容へ向かうきっかけとなるような

そんな時間を共有するコミュニティです。

・・・・・・・・・・

 

ポイント③ DSCは対人関係

牡牛座0度
(出生図では8ハウス)

他者と何か深い部分を共有し、絆を深めるような付き合いを
安心安全な場で五感を使って展開していく感じ

 

 

ポイント④ ICは家族・家・土台など

 

水瓶座4度
(出生図では5ハウス)
自由に風通しよくさっぱりとした心と心の繋がりを
軽やかに広げていき、
心のままに、「本心」で自己表現し合っていく。

 

 

ポイント⑤ 太陽はその年に取り組むテーマ

ソーラーリターン図の太陽は6ハウスなので
2021年は

ボランティア・健康・労働・実務的細かな作業・他者への奉仕・仕事場での協調
などに取り組んでいく予定ということですね。

自分の能力に磨きをかけていくっていうのも
アリかもしれませんね。

ソーラーリターンの太陽は6ハウスですが
私の出生図の太陽は7ハウスです。

7ハウスは対人関係ハウスなので

上記の6ハウス的なことを一人ではなく誰かと共に行っていく。

 

私が何か主催して
そこに集ってくれた方々との関わり合いの中で
奉仕精神をブラッシュしていくのかもしれないし、
自分の技能を磨き上げていくのかもしれません。

また、夫との関わりを通して
上記のことを行っていくとも。
(コレ、濃厚…。 なにせ「写し鏡」ですからね~)

 

ポイント⑥ 月で欲求、感情傾向を読む

 

1年を通した欲求、感情の傾向を確認します。
アスペクトで冥王星や土星と絡んでいたとしたら、
1年間、心的にきつく感じることもあるかも。

この「きつさ」というのは
その向こう側に、それを越えたからこそ出会える何かがある
と捉えていきたいものです。

 

越えるギリギリ手前では
「もう、いやだーーー!」と感じるものって
越えた後の爽快感はたまりませんよね?!

私達の持つ「意識」が自分の周囲を創り上げるのですから、
どのような意識で居るのかって
とても大切なことだと思っています。

 

山羊座の月が3ハウスに入っています。

そして冥王星とコンジャンクション。

思考表現、考え方、兄弟姉妹などを通して欲求や感情を制限せざるを得ないとか、
一旦破壊してからの、再構築だったりというのもアリかもしれないし。

何やらあるかもしれませんが、
こういうものの「向こう側」に望むものがある気もするので、
ここは流れに身を任せるかな~。

 

 

後述する木星と土星が2つとも4ハウスに入っているので、
月と冥王星のコンジャンクションの示すことは
2021年のチャレンジ課題のような気もします。

 

越えますよーー!笑

 

ポイント⑦ 金星は1年間の楽しみを表す

 

牡羊座の金星が6ハウスに入っていて太陽とコンジャンクションしています。

ボランティア・健康・労働・他者への奉仕・仕事場での協調といったことを
チャレンジ精神を使って楽しんでやっていけばいくほど
自分本来のエネルギーが高まる感じです。

 

ポイント⑧ 木星は発展どころを表す

 

水瓶座24度の木星が4ハウスに入っています。
木星の入っているハウスは拡大する可能性があるのですが、
土台がしっかりするということなのかな。

 

ポイント⑨ 土星は成熟、修正どころを表す

 

水瓶座11度の土星も4ハウスに入っています。

4ハウスに関することで、新しい風を呼び込み新しいやり方を構築していくことが
私にとって、社会への関わり方の成熟を見せる1年であるのかもしれませんね。

2021年は家族のメンバーも転換期で、
夫は義父が脊椎狭窄症で3月、6月に手術を受けることに伴って
長男としてのお役目に縛られていますし、

長女は社会人となり、そのうち一人暮らしに移行するかもしれませんし、
次女は大学生になり、自分の世界がもっともっと広がっていくのでしょうね!

 

私はといえば義父の入院、手術がいつなのかさえハッキリ覚えてないほどに(笑)、そこには線引きして関わっていなくて
「妻・嫁」の役割意識はスパーンと取り去れてきていますが、
残る「母」としての役割意識の手放しにもっともっと取り掛かる1年なのだろうな…と(汗)

 

 

 

さーて!
現在なんとなく予感的に感じていることが
ソーラーリターン図には何気なく表れているという気がしますが…。

 

ということは流れに身を任せられているということかな!と。

 

ソーラーリターン図コンサルテーションのご案内

2020年分と2021年分の2つのソーラーリターン図を読ませていただきますね。
今の自分の確認にぜひどうぞ!

 

募集中の「魂を思い出す」1DAY占星学ワークショップ

メルマガアロマ占星学で心・体・魂のバランスを整えよう