新時代の占星学研究と内側探究はワクワクに溢れてる!

 

 

 

2019年晩秋頃から、自分を深く理解する時間を持ち始めました。

 

どうして、そのような行動を取ることを選択したのか、

 

探究を始めてから、2020年の終盤の今に至るまでに、
私の内側と3次元でどのような変容が起こっていったのか、

 

私自身が携わってきた占星学に対する、
私が得てきた知識や、
考え方も変えてしまうことに繋がっていった過程だとか、

 

もしかして誰かの参考になるんじゃない??って思ったので、
私の体験を綴ってみようと思いました。

 

 

特殊な人間が体験した特別なことでは決してなく、

私という、一人の一般的な人間の体験談です。

(趣味が幸運にも仕事になった、兼業主婦の私・会社員の夫・大学生長女・高校生次女の、平凡な4人家族)

 

 

 

 

過去の私

体調が悪かったり、

家族のために自分の力と時間を使い果たして毎日が過ぎていってしまっていたり、

何か辛いと感じていることがあるけれど、
自分さえ我慢していれば丸く収まるから…とひたすら我慢し続けていたり、

日々、何だかわからないけれど、イライラ、モヤモヤとしていたり、

折り合いの悪い人間関係に悶々としていたり、

家族内での関係が良くなかったり、

 

このようなこと、抱えていませんか?

 

 

そして、嫌だけどしょうがない…って諦めてしまっていませんか?
私、今思えば、
もがいていたけれど、半分諦めてしまっていたんですよね。

 

だって、しょうがないもの。

これが日常なんだもの。

 

主婦って、母って、妻って、嫁って、女性に生まれたからには、

こういうものなんだ。

 

でも、

 

こうやって人生過ごして、終わっていくのかな? 私…

 

今思えば、とってもとっても

苦しかったな…

 

こうやって日々生きているうちに、我が家に大事件が起こりました。

 

「3次元に起こることは自分の内側の投影である」

 

ということは・・・、

 

家族全体を揺るがすことだったので、

 

私の中の「何」が投影されてる?

夫の中の「何」が?

次女の中の「何」が?(特に、彼女に起こった病気なので)

 

長女が1年間の留学へ出発してから、すぐに病気発覚。

これも偶然ではないでしょう。

 

長女は帰国して初めて状況を知ります。

 

 

 

この家族全員を巻き込む大事件は、
うちの家族一人一人に、
何か重要な転機の時期がやってきているのだと思ったのです。

 

で、これに私が気付いた。

 

(私の友人に、
こういう事に詳しい方が居たので、
彼女との話の中で色々聞いていたので、ピン!ときた)

 

 

 

余談ですが、

彼女と出会ったのは2016年。

 

私が起業する決意をして参加した学びの場で、出会いました。

 

ここで彼女と友人になっていたことが、
彼女から色々見えない世界の話を聞くことが出来ていたことが、
この出来事の意味を私がなんとなく察知できたことに繋がったのだから、
本当に世の中は完璧なのだと、改めて今、感心しています。

 

娘の大病。

1年間ほどの長期入院

12時間越えの手術

 

私ができる事といったら、自分の内側に目を向けることしか、無い。

 

ここで自分の内側を見て行かなければ、きっと将来、私は後悔する…

 

今、人生の中で、確実な重要分岐点。

 

であるならば。

 

自分の本当の内側を知りたい!

 

自分の中に埋もれている、上辺の自分が気付いていない深い部分まで、理解したい!

 

何が3次元に投影されているのだろう?

 

自分の内側は、どんなメッセージを私に送ってくれているのだろう?

 

それを、知ろう。

内側を覗こう。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

話はそれますが。

占星学を知っている私。

 

それどころでは無かったので

自分のトランジット図なんて、

全く見てなかったのですが。

 

つい先日、意外なものを見つけました!

 

娘の病気が分かった時、
私の出生図では、トランジットで木星リターンが起きていたのです。

 

娘は娘で、

ソーラーアークで太陽がアセンダントに来ていました!

 

「この経験を経て、娘は本当の自分になった」

 

この2つ、ポジティブな事象なんですよね。

 

このような事も、私の中で占星学の概念がガラリと変わったきっかけの1つ。

 

・・・・・・・・・・・・・・

 

 

話を戻しまして。

 

自分の内側を順々に時間をかけて見ていったところ、

 

目から鱗というか、

私が今まで行ってきたの占星学の使い方の中で、
これからの新しい時代では変えていきたい!って強く思えるものを、

自分の出生図から次々に発見してしまいました笑

 

これについては次回から
順にご紹介していきますね!

 

 

今まで占星学に携わってきて、
魂のブループリントという考え方、
宇宙から地球に降り注ぐ各天体のエネルギー(波動)の存在、

は知っていたけれど、

 

・本当の自分

・自分は地球に何をしに、来たのか

 

を、

 

人間の魂が輪廻転生しているという概念、

何回も何回も数え切れないほどの回数を転生してきている、

 

それは何故?

 

全ての方面から、
全ての体験をするために、
繰り返している、

 

ということも、もちろんありますが、

 

魂の意図をできなかったから、

失敗をしたから、

やり残したから、

 

ということを考慮する必要があると思うのです。

 

 

 

 

 

自分で自分の「癖」、認識していますよね?

いつも同じパターンを繰り返して失敗してしまうこと、

またやっちゃった…

と思うこと、
ありますよね?

 

魂にもそれがあって、
それを矯正、克服、しようと
何回も転生してくるんだけれど、
失敗を繰り返す…。

 

 

 

今世こそ、そこを成長させるぞ!という「意図」を魂は持っていると思います。

 

その魂は元を正せば唯一無二の存在で
完璧です。

 

そこから分離した、
自分が担当の魂というか、
それが本当の自分で、

 

地球で身体という物質を得て、
物質の世界でしか体験出来ない様々な体験をしに、
ここに来ていると。

 

そういう視点での自分が
本当の自分で、

成長のために、
どんな体験をしようと色々計画を持っていて、

それを体験するためには
3次元にその状況を作り出さなくてはならなくて、

その状況を出現させるには、
その思考、心持ちになることが必要。

(思考が3次元に投影されて、3次元が出来上がるわけだから)

 

 

これが、とっても、理解できたのです。

私の周囲の3次元も、私の思考、心持ちが現れていたから。

 

家族に起こった大事件は、
私にとっては、私の中の、魂の計画へ私が進めるよう、
(つまりそれは、私の成長を願って…ね)

次女が身体を張って気づかせてくれる役割をしてくれたのだな〜と思えたのでした。

 

 

本当に、ねーーー、

もう、愛に溢れてる!!!

 

もちろん、次女にとってもそれは彼女の計画の一部なのだと思います。

 

彼女は病気を経験することで、
何か自分のミッションを達成することを、
計画してきているのでしょう。

 

私の魂と次女の魂、
Win Winの関係って言えますよね。

 

 

 

 

この1年かけて、
気付いたこと、
内側の変容、
3次元の変容、
出生図のなかで発見したこと、

など

 

次回から順々に書いていきます。