太陽は「表の意思」 冥王星は「裏の意思」

創造の光線の入り口「冥王星」を活かす時期、いかがお過ごしですか?

前回の記事でもご紹介しましたが、
冥王星は太陽系の最も外側を運航する天体。
太陽系外のエネルギーの入り口です。

エネルギーの入り口というだけあって、地球からは最も遠い天体ですが、
実は占星術で使う天体の中で最も変容をもたらすパワーを発揮するのが冥王星です。

物事を根底から変えてしまう強大なパワー。

破壊と再生を司る天体ですからね。
白と出るか黒と出るかで魂の成長に大いに影響をもたらします。

自らの意思で白を取りに行く!! 

私達の魂は成長するためにこの地球にやってくるのならば、
白を取りにいく努力をしていかなきゃ!
ですよね。

自分次第で白となれるならば、そこへ向かうのが本望です。

太陽サインは表の意思


ホロスコープからは
私達は実は魂の成長に向けて
2つのおおまかな目的を準備してきている、
という感じがします。

太陽サインと、太陽サインの入っているハウス。
これは
分かりやすい!

ここの体験を頑張って努力して
底上げしていこう!というのは
本人も自覚している場合が多いです。

ホロスコープには12の部屋(ハウス)があり、
太陽サインがどのハウスに入っているのか、が
今世の方向性の指針の1つになります。

太陽サインの「エネルギーを受け取って」地球で生きるための能力として、
太陽が入っているハウスの領域で発揮していきます!

これが表の意思です。

表の意思も様々で、
まずは3次元で私達は成長へ向かってチャレンジしていくことになります。
そして太陽サインのやり方では限界を迎えることになるのです。

ここで諦めて成長を止めてしまうか、
または視点をガラリと変え、
「本当の世界の真理」を学び魂の次元上昇を目指す方向へ進むのか。

5次元へ向かうのか。

それには太陽サインの真逆のサインの方へ、視点を変える必要があります!

牡羊座 → 天秤座
牡牛座 → 蠍座
双子座 → 射手座
蟹座  → 山羊座
獅子座 → 水瓶座
乙女座 → 魚座
天秤座 → 牡羊座
蠍座  → 牡牛座
射手座 → 双子座
山羊座 → 蟹座
水瓶座 → 獅子座
魚座  → 乙女座

表の「意思」である太陽サインは、
ヘリオセントリックの視点へ移っていける人がこれから増えてくる。
そんな時代に入ってきたようですよ!

 

 

冥王星は裏の意思


冥王星のサインは世代が一緒ならば同じサインになります。
なので、
裏の意思の冥王星は、入っているハウスがヒントになります!

私達は最初、
太陽サインばかりに気を取られてしまいます。

でも冥王星が実は訴えてきている(笑)

こっちこっち!!
こっちも「やるよ!」って決めてきたじゃん!!!

こっちからやった方が、
魂の成長が早いんだよ!
外宇宙からのエネルギー、
もっともっと取り入れて
こっちから手を付けて!

1ハウス 本質。自分に興味を持ち、自分を知っていく。
2ハウス 豊かさ。 自己価値。
3ハウス 思考表現。コミュニケーション。情報を得る。
4ハウス 土台。家族。自分の無意識の領域。
5ハウス 自己表現。遊びつくす。
6ハウス 奉仕。労働。職場での人との協調。健康。
7ハウス 対人関係。パートナーシップ。
8ハウス 先祖。家系。セクシャリティ。相手の価値観。
9ハウス 遥かなるもの。精神性。高度な学び。国際性。
10ハウス 社会的価値。社会での役割。
11ハウス 仲間。友人。夢。希望。未来。
12ハウス 心の中。見えない世界。

自分で設定してきたもう1つの意思をおざなりにしてしまっていては、
人生の時間を大幅に無駄にしてしまう可能性があります。

私も含め、
一般的にほとんどの人は律儀に月サインから始まる
成長の光線の流れで生きているように感じます。

それでも見えない力によって
人それぞれ「時期」がくれば
「裏の意思」の冥王星の方を
否応なしにやらなければならない状態になってくる人、
多いです。

冥王星に引っ張られる!!

自分を振り返ってみてください。
なんだか表の意思の太陽サインのことをやっていこうとするのに、
何か邪魔が入ったり、思うように全く進めなかったり…(;^ω^)

魂の成長に向かうために、
裏の意思というものを知ってしまった方は
この冥王星逆行期を大いに利用して
裏の意思に取り掛かってみませんか?