左脳ではビジネスチャンス 右脳ではイニシエーションを表す配置

ホロスコープには
「イニシエーション」を表す配置があります。

これは読み手によって解釈が違う配置。

個人の出生ホロスコープからは

この地球上で、人間が現実的に地に足を付けて生きていく、

成長の過程や持って生まれた潜在能力などを読むことが出来る「読み方」もあれば、

魂のブループリントとして読むことができる「読み方」もあります。

 

左脳的読み方と右脳的読み方。

今日は占星術講座の入門編グループ講座をしていたのですが、

ちょうどこのような右脳左脳の読み方について、会話が盛り上がっていました!

私の強みは、この両面からの読みを伝えることが出来る、ということでしょう!

 

左脳的リーディング

 

地球に生まれ、
地に足をつけて生きていく自分の成長を読むのには
心理占星術はとても力を発揮します。

心理占星術の視点からホロスコープを見ていくと、
ほとんどの人が、
両親との関係性の中になんらかの葛藤や抑圧を抱えているのが見えてきます。

 

その葛藤は小さなことから大きなことまで、
程度の差はあると思います。

子供の頃、思ったことありませんか??

 

○○ちゃんのお母さんは優しくていいな~
○○ちゃんのお父さんはいつも一緒に遊んでくれていいな~

 

何でうちの両親は○○なんだろう。
何でうちはこんなに口やかましいんだろう。

 

どこにあるでもある風景ですよね。

 

でも、子供の頃、人格が作られてくる過程でのこのような体験は
心の奥底に残る…。

 

 

面倒を見すぎの過干渉や

両親が子供を自分たちの価値観に従ったレールの上を
歩かせようとすることや、

子供との関わりあいが消極的な父親や、
支配的、威圧的な父親や、

 

厳しすぎる母親や、

他にもたくさんあります。(私の場合は厳しすぎる母親。自分の観念が”正しい”と信じていて、その枠に子供をはめようと、はめることが子供にとって良いことだ!と信じている母親です)

 

今現在、自分が持っている、感じている

重苦しさ、
強すぎる責任感、
こうあるべきといった偏った考え方、
世間体を気にしてしまう、
夫婦間の問題、
人間関係の問題、

など

元をたどっていくと出所は
両親との関係にだどりつく人が本当に多いです。

 

 

そして気が付かないうちに、
同じことを自分の子供にしていることもあります。

 

こういったことは世代を通して
連鎖していってしまう場合もよくあること。

 

ここにあなたが気づきたのならば、
その連鎖を自分の代でストップさせたいと思いませんか?

 

そして
両親との葛藤に
縛られている自分を自由に開放しませんか?

と、このよう視点で読んでいくことが多くなるのが、左脳的リーディング。

 

そして、左脳的での読み方で、プログレスの月が出生図の土星とハードアスペクトを形成する時、

ビジネスでの発展の可能性、

と読むことができます!

自分の欲求、気持ちが「土星的」なことへ向く時期、となります。

右脳的リーディング

 

かたや魂のブループリント的に
ホロスコープを読むことになります。

過去生で負った傷。

何故だか理由は分からないけれど、

苦手と感じること。

過去生からの繰り返しのパターン。

自分は何をしようと(どんな目的を持って)地球にやってきたのか。

どこへ向かおうとしているのか。

このようなことも実はしっかり「出ています!」

半分は私が普段使うホロスコープからも分かりますし、

ヘリオセントリックでのホロスコープを見れば分かることもあります。

 

 

そして、プログレスの月が、プログレスの土星にコンジャンクション(重なる)の時、

それはイニシエーションを表します!

 

出生図の土星と進行図との土星との違いは少々ありますが、

意味が大きく違うのですよね。

 

 

 

イニシエーションとは

以下、ウィキペディアから

 

”通過儀礼(つうかぎれい、rite of passage)とは、出生、成人、結婚、死などの人間が成長していく過程で、次なる段階の期間に新しい意味を付与する儀礼。人生儀礼(じんせいぎれい)ともいう。イニシエーションの訳語としてあてられることが多い。通過儀礼を広義に取り、人生儀礼を下位概念とする分け方もある。
イニシエーションとして古くから行われているものとしては割礼や抜歯、刺青など身体的苦痛を伴うものであることが多い。こうした事例は文化人類学の研究対象となっている。”

 

 

2019年1月に、人生で2回目の
この配置を迎える私。

 

過去を検証してみました。
(これは30年に1度です)

 

この時には、私的には
「イニシエーション」でした!!!!!

ちょっとブログでは書きづらい話ですが、興味があればお会いした時にでも聞いてくださいね~(笑)

 

 

そう感じる出来事に遭遇し、
確かに次の段階へ成長した頃でした。

 

 

ということで、
2019年1月にまたこの配置が戻ってくる時、
「イニシエーション」と感じるのか、
ビジネスチャンスなのか、

しっかり検証したいと思っています。

 

自分が実体験すればするほど、
自信を持って、
「こういう場合もあります♡」と
参考にしてもらえるものね(笑)

 

私の場合、この配置を取る半年後に個人新月も迎えるので、
「イニシエーション」ではないかと予測はしているけれど、
どうなんだろう~~???

 

そしてやはりイニシエーションならば、
どんな通過儀礼を受けることやら…

楽しみなような、怖いような
ドキドキです。