【コンサル1.】 自分で設定してきた、母親のコントロールから抜け出す時期

昨日もコンサルテーションデイ。
高校入学直前の15歳の女の子です

よくあるパターンなので、ご参考になるかと思います。

 

母から娘へ、親子関係の見直しを提案

昨年12月に
お母さんのコンサルテーションをした際に、
「娘のコンサルテーションをお願いできますか?」と
ご依頼を受けました。

 

昨年12月の、中学3年生の子達の状況は、
高校受験の前、
名古屋では受験する私立高校を決定するための3者面談や、
塾に通っている子は
塾でも模試の結果を見ながらの3者面談という、重要な時期。

 

娘さん、
受験ストレスで情緒不安定になっていて
毎日泣いていて大変な状況とのことでした。

 

 

受験はなんとか乗り切り、
高校入学前までにコンサルテーションを!
というご希望だったため、
それが昨日になったというわけです。

 

 

お母さん=Aさんのコンサルをしたときに、

実はAさんとお母さんとの関係性の問題が
ホロスコープに現れていて、
そこのところについて
かなり時間を割いて話をすることになりました。

 

Aさん、
自分でも感じてはいました。が、思っている以上に、
お母さんからの「重圧」を受けて育ち、

それがそのまま
自分の子育てに影響しているということに気づいたのです。

 

自分も同じことを娘さんにしている…と。

 

娘さんの情緒不安定は母親からの
「コントロール」が原因なのではないかなと思ったのですよね。

 

娘さんの「設定」

 

太陽星座=乙女座
月星座=蟹座

私の推測では

透明人間またはヒーラーの心を持つ、
完璧主義者

 

母親の心の内や感情の波が
手に取るように分かってしまい、

自分も
「こうでなきゃいけない、期待に答えなきゃいけない」と

思いながらも、
ナイーブさが立ちはだかり、
感情が不安定になっている。

 

 

下の2重円、
内側が出生図、外側がトランジットです。

出生図の冥王星(射手座♐14度)と
ドラゴンヘッド(双子座♊13度)は
タイトなオポジション。
(=きっちり引っ張り合ってる…)

 

これは場合によっては
「支配的な母親」を表す配置なのです。

 

 

そして
外側のトランジット(今現在の天体の位置)は
重要なポイントへ土星♄・天王星♅がちょうど位置しています!!
赤丸で囲んだ部分です。

 

人生の重要な出来事は

太陽・月・または軸に

土星・天王星・海王星・冥王星が関わる時に起こる

 

娘さんは、今、
新しいステージへ行くときのようです。

 

 

ちゃんと、
自分でそのことを
この時期にすると、
「設定」してきているんですよね。

 

 

自分で選んで生まれてきた
お父さん、お母さん。

 

お母さんとの関係は、
一旦支配的な扱いを受けるというのも、
自分で決めてきている。

(お父さんは仕事の関係でかなり離れて暮らすという状況が長く続いているそうです。お父さんの不在をお母さんが埋めようと、一人で頑張ってしまうんですよね)

 

受験前のナイーブさが前へ出てきた情緒不安定は、

娘さんが話してくれたところでは、

・成績があまり良くなかった模試の結果など、お母さんに見せられない
・○○ちゃんにはここの高校がいいと思うから、ここにしたら?
・この高校に行っておけば○○大学へ推薦枠があるから!
・○○大学には入ってもらわないとね!

娘さんは
Aさんは決して上から押さえつけるよな
言い方ではないと。

でも言っている内容はコントロール…。
(Aさんも母親からこう育てられたと言っていました)
娘さんと話していて、
過去を振り返っていくと(15年分だけど!)

 

「そうかー、確かにお母さんに、ずっと、指示されてきていたな…」
「習い事のこととか、お金のこととか、なんか気を使っちゃって、本心を言えなかったな…」

「洋服を買いに行っても、自分の好みをハッキリ言えなくて、いつもお母さんが、”これ、似合うからこれがいいよね!”ととそれを買う事になっちゃってた…」

などなど、などなど。

 

とってもたくさんの「気づき」が
どんどん出てくる!!

 

何か本当の自分を思い出していくスイッチ、入ったみたいでした。

 

15歳でそれに気づけるって、
いいなーと羨ましかったです。

 

私なんて
45歳で母親との関係が
自分にどのように影響していたか、
やっと、知ったから(笑)

 

 

Aさんの方も、
娘にそんな風に接していたんだ…私…。
という気づきがあり、

そのうえで

ぜひ娘のコンサルテーションで
そのことを伝えてあげてください。

とのことで、昨日のコンサルが実現しました。

 

娘さんは4月6日が高校の入学式。 新しい世界へ一歩踏み出します。

お母さんであるAさんも、4月から新しい職場へ。(大学1年生になる息子くんも、離れた地へ旅立ちます)

お父さんも以前よりは家に戻れるシフトに変われそうとのことでした。

 

門出の春、新しい世界へ!!